乳酸菌で臭い改善|おすすめの食べ物は?

デリケートゾーンの調子が悪い、ニオイが気になると感じたら膣内の善玉菌である乳酸菌が減少しているかもしれません。

そんな時は普段の食生活で乳酸菌をとれているか見直してみましょう。

 

乳酸菌とは?

乳酸菌が大事だとはよく聞きますがそもそも乳酸菌とはなんでしょうか。ヨーグルトや納豆にたくさん含まれてるというイメージはあっても詳しく知っているという人は少ないのではあまりいないのではないでしょうか。

簡単にいうと人の体の中でいい働きをしてくれる善玉菌です。この善玉菌が体内にいることで体に悪い影響を及ぼす悪玉菌が増えるとを防いでくれます。

乳酸菌といっても様々な種類があり乳酸を作り出してくれる微生物をまとめて乳酸菌と言います。

 

乳酸菌を増やす食生活

体内の乳酸菌を増やすにはどんな食生活を送ればいいのでしょうか?

 

発酵食品

発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれています。主な発酵食品には納豆、味噌、チーズ、醤油、漬物、キムチ、ワインなどがあります。

伝統的な和食の朝食には発酵食品が多く含まれていることがわかりますね。食生活を和食メインに変えてみるのもアリかもしれません。

食物繊維

体内の乳酸菌を増やすには乳酸菌そのものを取り入れるのも大事ですが乳酸菌のエサになるものを取り入れるのも効果的です。

乳酸菌のエサの1つが食物繊維です。食物繊維は野菜、海藻、果物などに多く含まれます。食物繊維を取り入れることで体内で乳酸菌の数を増やすことにつながります。

 

オリゴ糖

乳酸菌のエサとなるもう1つはオリゴ糖です。オリゴ糖とは様々な種類がある糖のうちの1つで乳酸菌のエサとなり乳酸菌の数を増やすことにつながります。

オリゴ糖は豆類、ブロッコリー、玉ねぎ、バナナなどに多く含まれています。

 

まとめ

普段から乳酸菌とそのエサを取り入れる食生活を意識することで膣内の環境のバランスを保つことにつながるのでぜひ参考にしてみてください。