善玉菌を増やす乳酸菌の効果とは?

気になるデリケートゾーンの臭い、いくら洗っても全然改善されない。

臭いが気にはなっているけどこれ以上どうケアしていいのかわからないという方多いのではないでしょうか。

 

その原因は膣内環境の乱れかもしれません。

まずは膣内環境について知ることから始めましょう。

 

膣内フローラ

「膣内フローラ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

簡単に言うと膣内の環境のことです。腸内の話題でよく聞く善玉菌と悪玉菌は膣内にも存在します。悪玉菌が増加しそのままにしておくとイヤな臭いやおりものの原因になります。

なのでいくらソープなどで外側を洗っても膣内環境を改善しない限りニオイなどの悩みは解決しません。それどころか洗い過ぎは逆に善玉菌の減少につながってしまいます。

 

 

膣内フローラが乱れる原因

ではどういった時に膣内環境は乱れるのでしょうか。

膣内に存在する善玉菌は膣内の環境を弱酸性に保ち悪玉菌の侵入を防いでくれます。しかしこの善玉菌は運動後やストレスを感じている状態、風邪をひいて薬を飲んだ時など、ちょっとした体の変化に弱くすぐに減少してしまいます。

この善玉菌の減少により膣内環境が乱れて臭い、おりものの原因となっているのです。

最近おりものが多い、臭いが気になり始めたと言う方は膣内フローラが乱れているのかもしれないと言うことを意識しておきましょう。

 

 

膣内フローラを改善する乳酸菌

上記で説明した善玉菌はデーデルライン桿菌という乳酸菌でデーデルライン桿菌が減少してしまうと膣内環境が乱れてしまいます。

臭いやおりものが気になり膣内環境が乱れているかもと感じたら、まずは食事や生活を見直してみましょう。

湿気が篭らないように通気性の良い服を着る、発酵食品を摂るなどできることから始めていきましょう。

それでも改善されない時はサプリで乳酸菌を摂取することをおすすめします。デリケートゾーンケアサプリは乳酸菌が含まれているものが多く膣内フローラの改善の助けになります。

 

まとめ

気になるデリケートゾーンの臭いは外側から消臭しようと思いがちですが原因は膣内環境によるものが多いです。

調子が悪いと思ったら普段の生活、食事から見直していきましょう。