腸内環境と膣内環境の関係

デリケートゾーンの気になるニオイは膣内環境が影響していることが多いですが実は膣内環境は腸内環境と関係しています。

膣内の環境を整えるのも大切ですがまずは腸内環境の改善から始めてみましょう。

 

腸内環境と膣内環境の関係

一見関係なさそうな腸内環境と膣内環境ですがなぜ腸内環境を整えることが膣内環境の改善につながるのでしょうか。

女性の体の構造を見てみると腸と膣は隣接しており膣は腸の影響を受けやすいそうです。よって腸内環境を整えておくことが膣内環境が悪化しない予防になるようです。

 

腸内フローラ

「腸内フローラ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。人の腸内には善玉菌や悪玉菌など様々な種類の菌が存在しておりそれらのバランスが腸内環境に関わってきます。

調子がいい時の腸内フローラは善玉菌や悪玉菌などがバランス良く存在していますが風邪をひいて薬を飲んだり、ストレスを感じるなど体のちょっとした変化ですぐにバランスが崩れてしまいます。結果的に膣内環境が悪くなりデリケートゾーンの嫌なニオイに繋がる他、肌荒れ、便秘などにも繋がります。

 

腸内フローラを整える

肉や卵、魚などを食べすぎると腸内のバランスが崩れる恐れがあります。腸内環境を整えるには乳酸菌などの善玉菌と善玉菌のエサとなるもの両方を摂取することがおすすめです。

善玉菌が多く含まれている食材は納豆、キムチ、味噌などの発酵食品があります。善玉菌エサとなるものには野菜、果物などの食物繊維、オリゴ糖などがあります。

普段の食生活からこれらを取り入れることを意識して食材を選んでみましょう。

 

食生活以外でもストレスをなるべく溜めないように自分でリラックスできる時間を作ったり風邪をひかないように健康に気を使い睡眠を十分にとることを心がけましょう。

 

まとめ

一見関係なさそうな膣内環境と腸内環境ですが実は密接な関係があります。デリケートゾーンの調子が悪いと感じたら腸内フローラを見直すことから始めましょう。